省エネ住宅【ZEH】とは?

省エネ住宅としてZEHが注目を集めています。ZEHはゼッチと読み、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを意味しています。最大の特徴となるのが、住宅におけるエネルギーの消費量の消費をゼロにすることを目指した住宅という点です。さまざまなアプローチ方法から省エネルギーを実現することに加えて、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入によって、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指します。

では実際にZEHを導入することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットの1つとなるのが、節約につながるという点です。高い断熱性能や効率の良い設備を利用することで、月々の光熱費を抑えられます。そして太陽光発電などによって自宅で電気を作ることで、家庭内で使う電気をすべてまかなうことも可能です。さらに使った電気よりも発電量が多ければ、売却して収入を得ることもできます。

さらにZEHを導入することで、室内を快適な状態に保ちやすくなります。高断熱の家であれば、室内を一定の温度に保ちやすいので、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内空間を創り出せます。冬場は家全体で暖かい空気を保ちやすいので、ヒートショックのリスクを減らせるというメリットもあげられます。

自宅で電気を作りだすことによって、台風や地震などの被害で停電したときも、太陽光発電や蓄電池の活用で電気を使えます。非常時でも電気が使えることで、不便を減らし安心した生活が送れるというのもメリットの1つです。

ZEHにはメリットがある一方で、建設コストがかかるというデメリットもあります。太陽光発電を設置するだけでも多くの費用がかかるので、予算と相談したうえで省エネ住宅を実現させるか考えていきましょう。一般的な価格と比較すると、ZEHの住宅は平均で約250万~300万円高い相場になります。将来的には光熱費の節約になるという点を踏まえたうえで、予算と相談しながら省エネ住宅にするか検討しましょう。

ほかにもZEHで注意が必要なデメリットとなるのが、太陽光パネルは定期的なメンテナンスが必要という点です。太陽光パネルは、屋外で強い日差しや強風などの影響で劣化や損傷することがあります。傷や汚れは発電効率にも影響するため、定期的にメンテナンスや点検を行って、良い状態を保てるようにしましょう。そして太陽光発電は、日射量によって発電量に影響が出るという点にも注意が必要です。

おすすめ記事