工務店って何?特徴や選び方の解説

家つくりを考えている方にとって気になる点の1つが、工務店やハウスメーカーにはどのような違いがあるのかという点です。違いがわからなければ、自分に合ったところに家つくりを依頼するのも難しくなります。まずはどのような特徴があるのか把握して、納得のできる選択ができるように考えていきましょう。

説明する業者工務店の特徴の1つが、ハウスメーカーと比較すると狭い施工エリアで家つくりなどの住宅工事を請け負っているという点です。特定のエリアのみで活動している業者になりますが、地域密着型で業務を行っていて、地元にある頼れる業者でもあります。新築の家つくりから、リフォームや増築まで住宅工事に関することに幅広く対応してくれて、地域密着型で気軽に相談しやすいという特徴もあげられます。

また工務店を選択するメリットには、コストパフォーマンスの高さや自由度の高さなどがあげられます。コストパフォーマンスを考えた場合、大量注文が可能なハウスメーカーのほうが安く済むというイメージを持っている方もいるでしょう。しかし大手ハウスメーカーは宣伝に力を入れていることで、材料費が大量注文で安く済んでも、トータルの工事費は高くなってしまうこともあります。一方で工務店は宣伝費がかからないので、結果的にはハウスメーカーより安く利用できるケースも見られます。

実際に利用する工務店を選びたい場合は、経営が安定している業者かという点をチェックしましょう。長く地元で活動している業者でも、経営状況が傾いているとアフターメンテナンスにも影響が出るかもしれません。年間施工数や経営状況から安定した業者か確認し、安心して依頼ができるか確かめることも忘れてはいけません。

また工務店の中には、契約だけを行って施工は下請け業者に丸投げしているところもあります。下請け業者に丸投げしているところだと、手数料の分だけ費用が高くなる、施工を担当する業者と直接相談ができないなどの問題点が出てきます。余計な費用をかけずに業者と直接相談して納得のいく住宅工事を任せられるように、工務店選びでは自社施工かどうか確認することが大切です。

そして安心して住宅工事を任せるためには、コミュニケーションの取りやすさの確認も欠かせません。工務店の良さは、地域密着型で気軽に相談できるという点です。相談のしやすさというメリットを活かせるためにも、コミュニケーションがとりやすく担当者との相性が良いかという点の確認も必要です。

おすすめ記事